【悲報】巨人 122試合目で自力優勝消滅 

 14年ぶりに中4日で先発マウンドに立った山口は3回2死、大山に左翼看板直撃の一発を浴びた。続く糸原に四球を与えたところでベンチは山口を諦め、2番手の戸根を投入した。

 だが、0―1の5回には2番手の戸根が連続四球で1死一、二塁のピンチ。鍵谷がリリーフしたが、2死満塁から糸井に走者一掃の二塁打を許した。

 巨人は57勝48敗17分けで、残り21試合に全勝した場合の勝率は6割1分9厘。巨人が阪神との残り3試合に全勝しても、阪神が他の4カードに全勝すれば勝率6割2分5厘。巨人は勝率で阪神を上回れなくなり、自力優勝の可能性が消滅した。




Twitterの声

ネットの声

永遠のライバルである我らが阪神が原辰徳が率いる巨人に向けて引導を渡すことができて本当に良かったです。非常に気分がいい。というわけでダジャレ言います、原辰徳の腹が立つのり。 

勝たなくちゃいけない試合や勝てる試合を毎試合のように物に出来ないようじゃ無理だわな。

胴上げだけは絶対に阻止!






おすすめの記事