【告白】加護亜依、モー娘。時代の体験について告白

9月21日、タレントの加護亜依さんのYouTubeチャンネル「加護ちゃんねる」では、加護さんが視聴者からの質問に答えていく動画を公開。元モーニング娘。メンバーとの関係や思い出話を語り、話題を集めています。

他にも「モー娘。時代、一番楽しかったシャッフルユニットは?」との質問が。

質問者は「三人祭りが大好きでした」とのことですが、加護さんは「私は三人祭が一番嫌いでした」「本当に嫌だったです」と苦笑いします。

「三人祭」は、加護さん、石川梨華さん、松浦亜弥さんの3人のユニット。

なぜ三人祭が嫌だったか聞かれると、加護さんは「本当によく考えてほしいの。大切な中学2~3年生の時に、ピンクのカツラでパンツを出すっていうことがどれほど恥ずかしいことだったかっていう」と言って笑います。

「(衣装で)お腹を出すこともね、本当に嫌だったわけですよ。太ってたし」と加護さん。

そして「それが、両サイド梨華ちゃん、あややで『ハァ~っ! 本当になんでセンターなんだー!』って泣いてました」と頭を抱えるフリをします。

「PV撮影も本当に泣いてました」と、当時の思いを正直に告白しました。




Twitterの声

ネットの声

・おはようございます。
やっぱり あの衣装+ピンクカツラはキツかったのか(^_^;

絶対それだと思って理由もそれしかないと思いました。

「本当によく考えてほしいの。大切な中学2~3年生の時に、ピンクのカツラでパンツを出すっていうことがどれほど恥ずかしいことだったかっていう」

「一番嫌いでした」加護亜依がモー娘。時代の人気ユニットについて激白! 






おすすめの記事