【異例の事態】講談社とアマゾンが直接取引開始

 消費者に本を届ける日数の短縮やコスト削減を狙う。取次会社などに衝撃が広がっている。

 出版流通では、書店と出版社の間に問屋にあたる取次会社が入って全国に本や雑誌を配送する。ネット書店のアマゾンも取次会社から書籍を入手し、消費者に届けてきた。今回、講談社から直接、取り寄せることで、日数の短縮が期待される。

 アマゾンジャパン広報部は直接取引の意義について「豊富な品ぞろえとお客様への迅速な配送が可能になる」としている。

 直接取引の当面の対象は人気の3シリーズ「講談社現代新書」「ブルーバックス」「講談社学術文庫」の既刊本。効果を見極めた上で他の書籍や新刊本への拡大を検討する。




Twitterの声

ネットの声

最初に密林に屈服したのは講談社だったか。取次どうなるんだろな(友達が日販で働いてる) 

喧嘩をしていたとしても、遅かれ早かれ、こういう方向に向かうとは思っていたけど、最初に手を出したのが講談社かぁ。

取次は、さらなる統合するか、もしくは出版流通という看板ではなく、取引書店への間接金融や他ジャンル含めた物流会社になるしか道はないんじゃないか、これ…… 

問屋は確実にドンドン潰れてく。中小企業は生き残れない。悲しい。






おすすめの記事