【悲報】町田市の小学校6年生女児が自殺!学校配布タブレットのチャットでクラスメイトから「きもい」「死んで」

東京都町田市立小学校に通っていた6年生の女子児童=当時(12)=が昨年11月に自殺し、同級生からいじめを受けていた可能性があることが13日、分かった。同日、遺族が都内で会見し明らかにした。文部科学省が進める「GIGAスクール構想」で児童に1人1台配備されたタブレット端末のチャット機能を使ったいじめが常態化していた可能性があるという。

遺族らによると、女児は昨年11月30日、自宅の自室で死亡していた。遺書が残されており、クラスメートに仲間外れにされていたことなどへの悩みが記されていたという。学校側は当初、いじめとの因果関係を否定したが、今年3月に入り当時の6年生の保護者会を実施、いじめが自殺の一因となったことを認めた。

遺族側の調査では、女児は4年生ごろには同級生からいじめを受けていた可能性があるという。この小学校では平成31年4月、GIGAスクール構想に基づき児童1人1台にタブレット端末を配備。遺族側は加害児童が、授業中などに1人1台端末のチャット機能を使って自殺した女児に対して「うざい」「死んで」などと書き込み、ほかの児童とも内容を共有していたと指摘している。

同市教育委員会は学校側からいじめについて報告を受けており調査を進めている。遺族側は文科省に第三者委員会による調査などを要望した。




「学校配布タブレットでいじめ」 小6女児“自殺”で両親が訴え

 小学6年生の娘が自殺したのは、「学校で配られたタブレットでのいじめが原因だった」。両親が会見で訴えました。

自殺した女子児童の父親
「たった11年しか生きていない、まだ小学校6年生の娘が自らの命を絶ちました。学校が配った端末教材もつかわれており、いじめの温床に大きくつながっているというふうに考えています」

遺族によりますと、去年11月、東京・町田市の市立小学校に通っていた当時小学6年の女子児童が、いじめが原因と示唆される遺書を残して自宅の部屋で自殺しました。

遺族らが実施した同級生らへの聞き取り調査では、女子児童に対し、4年生のころから悪口を言われるなどのいじめがあり、学校で一人一台配られていたタブレット端末でもチャット機能で「うざい」「きもい」「死んで」などと書き込まれていた、との証言があったということです。

遺族らは学校へいじめに関する調査を求めましたが、学校側は「トラブルは自殺の2か月前には解決していた」などと説明しているということです。学校側が教育委員会に「重大事態」として報告したのは今年2月に入ってからだったということで、町田市教育委員会は「自殺といじめとの因果関係は調査中」とコメントしています。

Twitterの声

ネットの声

>rt 親が使ったことない(使えない)端末ってのが厄介だな
スマホやタブレットなど環境が整ってる子同士はチャットしたりしてるらしいとと娘に聞いたことがある
いずれにせよ、いじめはする側が心が病んだり貧しかったりなので、加害者の方を隔離なりカウンセリングなりしてほしい

義務教育の選択肢として学校から逃れる選択肢もあって良いと思うんだよな。リモートで出来たとしてもクラスが固定されるからいじめが起こる。

いじめは4年生の頃からあったのに何の対策もなされずきて、最終的にタブレットのチャットいじめが引き金になって自殺までいってしまったって事よね?タブレットが配られなければって話じゃなく、早めの対策とタブレット機能制限とかが必要。






おすすめの記事