【鷲野花夏さん殺害】容疑者の妻、コンビニで「ゆでたまご」という名前で勤務

   8月28日から行方不明になっていた東京・墨田区の高校3年生 鷲野花夏さんの遺体が、8月31日午前2時頃、山梨県早川町の物置小屋で見つかった。

逮捕された小森容疑者夫婦は周囲の目にどう映っていたのか、近所の住民はこう話す。

近所の人B:
奥さんはコンビニで「ゆでたまご」という名前で働いていた。なぜ名前が「ゆでたまご」なのかな何か事情があるのかねと。普通は社会人なんだし「ゆでたまご」は違うよねって話をして

コンビニでの接客について聞いてみると…

近所の人B:
すごく印象悪かった。基本しゃべらないし、おとなしくて少し変わっている人なのかなと

夫婦関係については…

近所の人B:
奥さん側は前に旦那さんと離婚して、章平容疑者と結婚してここに住んでいているというのは聞いた

墨田区に住む18歳の高校生の花夏さんと、群馬県渋川市に住む27歳の小森章平容疑者と妻である和美容疑者は、住むところも年齢もかけ離れているが、一体どのような接点があったのか。。。




Twitterの声

ネットの声

@takigare3 とにかくゆでたまごが気になる

近所の人「奥さんは(コンビニで)『ゆでたまご』という名前で働いていた。なぜ名前が『ゆでたまご』なのかな、何か事情があるのかねと。普通は社会人なんだし、『ゆでたまご』は違うよねって話をして」

・高校生の死体を遺棄した20代嫁だが、普段職場では「ゆでたまご」という名前で働いていたらしいw

コンビニ
ゆでたまご

で眠れなくなったクッソ…






おすすめの記事