1歳の娘と母親 車の中で3時間昼寝→1歳娘、車内で熱中症で死亡

千葉・八千代市で22日午前、およそ3時間車内に放置された1歳の女の子が、熱中症の疑いで死亡した。 午前10時半すぎ、八千代市大和田新田の住宅の駐車場で、1歳の女の子が車の中で意識のない状態で見つかり、病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

午前10時半すぎ、八千代市大和田新田の住宅の駐車場で、1歳の女の子が車の中で意識のない状態で見つかり、病院に運ばれたが、まもなく死亡した。

熱中症とみられている。

千葉県によると、母親が女の子と一緒に車の中で3時間ほど寝ていて、目を覚ましたときには、すでに意識がなかったという。

当時、八千代市周辺の船橋市などでは、気温が31.5度を記録していた。




Twitterの声!!

ネットの声!!

31℃超えてる車内で3時間も普通居眠りできる?

おかしいよね。暑くて眠れないハズ。

‣いろいろ考察されてるけど、エアコンもつけずに3時間も車内で昼寝したのが事実なら、お母さんがよほど疲労していたか、もしくは、、、。
なんにせよ夏場に車中で昼寝は危険すぎる。

窓を開けてても危険だしなぁ
子どもが車内で寝てしまったから起こさないようにそのままにしておこう。隣に一緒にいればと思ってのことなのかな…
この暑いのにクーラーナシは💦






おすすめの記事