【高校野球 埼玉】5回戦:花咲徳栄5-6山村学園 誤審に負けたとの声

6大会連続の夏甲子園出場を目指していた優勝候補の花咲徳栄が、5回戦で敗退した。 5-5で迎えた9回にサヨナラ負け。選手たちは、そのばにしゃがみ込んだ。

持ち味の強力打線が、山村学園の小刻みな継投に苦しめられたが、最終回に粘りを見せて4点を奪った。

9回は先頭から連続出塁。無死満塁で9番の秋山貫太内野手(3年)の左中間を破る適時打で2点を返した。さらに無死二、三塁で鹿野亮太内野手(3年)の二ゴロの間に1点を挙げた。

1点差に迫り、2死一、三塁で、4番の冨田隼吾内野手(3年)が中前打を放ち、土壇場で同点に追いついた。冨田が一塁で大きくガッツポーズを決めると、ベンチからも選手が飛び出して喜んだ。

しかしあと1本が出ず、夏の甲子園連続出場は5大会で途切れた。




Twitterの声!!

ネットの声!!

試合終了
花咲徳栄5🆚6×山村学園

花咲徳栄土壇場同点劇も、
山村学園がサヨナラ勝ち✨

花咲徳栄の夏が終わった…
山村学園おめでとう

あの花咲徳栄に勝った!!
山村学園おめでとう🎊

埼玉大会5回戦
花咲徳栄5-6山村学園(試合終了)

徳栄、埼玉大会6連覇ならず。
徳栄の粘りはさすがだったけど、山村学園が素晴らしかった。

試合終了

花咲徳栄5×6山村学園

両校お疲れさまでした
しびれる試合でした。
山村学園おめでとうございます






おすすめの記事