タマホームが株価急降下!ワクチン禁止令(接種したら5年後に死にます)報道が影響か

住宅メーカーのタマホームは大幅続落。午前11時現在、約10%安で東証1部の値下がり率トップとなっている。同社の玉木伸弥社長が社員に対して、新型コロナワクチンを接種しないよう強要してたと文春オンラインが20日に報じたことなどが嫌気されている。

この情報は、7月上旬からインターネット上で広まっていたが、同社は15日にリリースを発表。「そのような事実は一切ない」として、ワクチンの接種は個人の判断に委ねているとした。

市場では「パワハラ問題は企業ガバナンスに関わるため、一連の報道が事実であれば投資家には悪材料だが、社長は社員を大切にしたいという思いが裏目に出てしまったと説明すればよいのではないか」(国内証券)との声が出ていた。




twitterより

 






おすすめの記事