【サンジャポ】爆笑問題の太田、小山田圭吾を擁護「時代が悪いだけ、俺らの漫才だって酷かった」

東京五輪の開会式で楽曲制作を担当するミュージシャンの小山田圭吾(52)が27年前の〝いじめ自慢〟を蒸し返され、大炎上している。




twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事