【小山田圭吾】いじめ問題に終止符?「僕が直接手を下した訳ではない。僕はアイデアを提供しただけ」

東京オリンピック(五輪)開閉会式の音楽制作を手掛けており、14日の就任発表後に過去の「いじめ告白」が取り沙汰されていた小山田圭吾氏(52)が、留任することが16日、分かった。

 略

自分の音楽が何か少しでもお力になれるのであればという思いから、ご依頼を受けるに至りました」と参画要請を受諾した理由を説明した。

「そのうえで、今回の音楽制作にあたりましては、自分なりに精一杯取り組んで参りました」と、これまで職を全うしてきたことを報告し「どういったかたちで貢献していくことができるのか、常に自問自答し、より最善の判断をしていけるよう、一層の努力をして参りたいと思います」と長文を締めくくった。

小山田氏は、学生時代のいじめを2誌に告白。邦楽誌「ロッキング・オン・ジャパン」94年1月号では「グルグルにひもを巻いて(略)バックドロップしたりさ」「だけど僕が直接やるわけじゃないんだよ、僕はアイデアを提供するだけ(笑)」(原文まま)と語り、サブカル誌「クイック・ジャパン」95年8月号で明かした

引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事