【高校野球 京都】甲子園最多出場の龍谷大平安 2回戦でまさかの敗退

◇京都大会 2回戦 龍谷大平安4-9乙訓(2021年7月17日 わかさスタジアム)  甲子園歴代最多の春夏通算75回の出場を誇り、通算103勝の名門・龍谷大平安が2回戦で姿を消した。

 甲子園歴代最多の春夏通算75回の出場を誇り、通算103勝の名門・龍谷大平安が2回戦で姿を消した。

昨年の秋季京都大会決勝の再現となった乙訓との対戦は2―2の同点で迎えた7回に、2番手の石田が4番・星田に勝ち越しの左中間二塁打を許すと、8回にも連続長打でダメ押しされた。

それでも9回2死から2点差を追いついて、延長戦に突入したが、10回に3安打3四死球を与えて5点を失い、龍谷大平安に反撃の力は残っていなかった。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)




twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事