【マスク持久走】「中学生の娘が『倒れそうだった』と言っていた」 京都の保護者の間で問題に

取材すると、多くの学校は夏場を迎え、体育の授業中は外すよう指導しているが、新型コロナウイルスの感染への不安から着けたままにする子もおり、教員が対応に苦慮している実情も分かった。

 意見を寄せたのは京都市の私立中3年女子の母親。話を聞くと、生徒は6月上旬、体育館で体育の5分間走をした際、マスクに関して教員から明確な指示がなかったため、着けたまま走ったところ息苦しくなり、こっそりとずらして完走したという。

 母親は「子どもは『しんどくなったら外していいよ』と言われても自分で判断するのは難しい。細かく指示するか、感染者が多い時期は有酸素運動でない種目に替えるなどすべきでは」と疑問を呈した。

 学校でのマスク着用を巡っては、2月に大阪府高槻市で小学5年生が持久走中に亡くなり、マスクをしていた可能性がある。文部科学省は各自治体に対して「運動時は身体へのリスクを考慮し、マスクの着用は必要ない」との通知を発出。激しい運動時や気温・湿度が高い日には「十分な呼吸ができなくなるリスクや熱中症などの健康被害が発生するリスクがあるため感染症対策を講じた上でマスクを外すこと」と明記した。




みんなの投稿






おすすめの記事