五輪代表選手らは8日、オンライン記者会見などで観客の問題について問われ、率直な思いを口にした。

陸上男子110メートル障害代表の泉谷駿介選手(21)(順大)は「感動させる走りをしたいと思っているので、直接見てもらえないのは悲しい」と話した。

柔道男子の井上康生監督(43)は「選手にとって、応援が力になるのは間違いないが、無観客ということも受け止めて戦っていかないといけない」と述べた。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事