ラノベ作家、自分を落選させた出版社に勝手に献本→読まれもせず新品同様のまま古本屋で処分

自分の作品を不採用にした編集部に、同じ内容を他の出版社に売り込み出版された本をサイン入りで送りつけた作家の話を聞いて震えている。

ざっくり言うと

ラノベ作家、ガガガ文庫編集部に作品をボツにされる
→他編集部に持ち込み書籍化
→作者がガガガ編集部に本を勝手に献本
→ガガガ編集部が古本屋に売り飛ばす
→偶然買ったツイ主、驚きで鼻水 

twitterより

著者情報

@ATOR86 手遅れだが(
 




みんなの感想






おすすめの記事