EXITの新曲、「白人至上主義、侵略、略奪、植民地主義」への応援歌で、批判が集中

SNS上では「諦めずにみんなで立ち上がって声をあげていこう!っていう2人の熱い思いに触れて感動」という 好意的なコメントがある一方で「社会の問題と向き合い戦おうとする姿勢を嘲笑するひどい歌詞」と賛否が分かれている。

新曲「なぁ人類」は、いじめやジェンダーレスなど社会問題を取り上げ、作詞はEXITの2人が初挑戦。SNS上では「諦めずにみんなで立ち上がって声をあげていこう!っていう2人の熱い思いに触れて感動」という好意的なコメントがある一方で「社会の問題と向き合い戦おうとする姿勢を嘲笑するひどい歌詞」と賛否が分かれている。

・また、歌詞にある「コロンブスがアメリカ大陸を見つけた時代の方がよっぽど自由と希望溢れてただろ どうしたんだよ 早く目を覚ませ」といったフレーズに批判が集中。「コロンブスって今や侵略と略奪の象徴だよ」「植民地主義はたくさんの人を不幸にしたぐらいは社会の共通認識であってほしいよ~」「コロンブスのくだりは無自覚に白人至上主義で論外」といった指摘が殺到している。




みんなの投稿






おすすめの記事