熱海の土石流の起点にあった盛り土が全て崩壊、流出

静岡県は熱海市における土石流の起点にあった盛り土がすべて崩壊、流出と発表。因果関係はわからないけれど、被害を甚大化させた可能性。

テレビでも盛り土の崩落映像が取り上げられていました。
いったい何の開発をしていたのかまではわからない。

因果関係はわからない

静岡県は午後4時からの災害対策本部会議で、熱海市で発生した土石流の起点にあった盛り土がすべて崩壊し、流出したと発表した。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

静岡県が発表している情報。




みんなの反応まとめ

何のための開発なのか?
ドローンで撮影したり、土石流の起点は確認されている。
近くには崩れていない家も。

7月3日午前10時半ごろ熱海市伊豆山地区で土石流が発生。

逢初川沿いに海までおよそ2キロにわたって流れ出た。

130棟の建物が被害。

みんなの投稿






おすすめの記事