「現実を生きるリカちゃん」を紹介 大人を虜にする哀愁が話題に!!

50年以上の長きにわたり、人々に愛されてきたドール「リカちゃん」。この人形が登場する、とあるインスタグラムアカウントが、絶大な支持を集めています。

「取り上げるシチュエーションは、ほぼ私自身の日常の切り抜きです」。投稿者で、20代の女性会社員が、コンテンツの内容について語ります。

幼少期から手芸や工作に親しみ、写真を使った絵本を作るなどしてきました。好きなことを形にする喜びを、実感する日々。しかし成長するにつれ忙しくなり、いつしか趣味の時間が取れなくなっていきます。

そんな中で注目したのが、リカちゃんでした。

元々リカちゃんには「素敵なお姉さん」という印象があり、小学生の頃は、ほぼ毎日遊んでいたそうです。就職後もインスタグラム上の「リカ活(大人が様々な形でリカちゃんとの時間を過ごすこと)」画像などを見て、楽しんできました。

「私が目にしたどのリカちゃんも、とても可愛くてリアルでした。『ズボラでだらしない、こんな自分でも、リカちゃんに投影したら可愛くなるのかな?』。そんな風に興味が湧いたことが、取り組みのきっかけです」




twitterより






おすすめの記事