小川彩佳アナ「離婚」成立!! 夫の不倫が文春で報道

 離婚協議中と伝えられていた「NEWS23」のキャスターを務める小川彩佳氏(36)と、医療ベンチャー「メドレー」の前代表・豊田剛一郎氏(37)の離婚が成立した。6月30日までに、都内区役所に離婚届が提出され受理されていたことが、「デイリー新潮」の取材で明らかになった。

豊田氏の知人によれば、二人は今年2月に「週刊文春」が豊田氏の不倫を報じた直後から別居。4月頃から双方、弁護士を立てて離婚協議に入っていた。6月に入り、話し合いはまとまったという。

「豊田氏の不倫がきっかけで夫婦関係が壊れてしまったことは明らかですし、豊田さんはベンチャー企業の経営者としてかなりの資産を有していますので、財産分与も含めますと、それなりの金額が小川さんに渡るようです。ただし、一部報道にあった10億円という金額は、財産分与や養育費を入れたとしても、ちょっと言い過ぎですね」(豊田氏と親しい知人)

 6月2日、「女性セブン」が「慰謝料10億円」と報じた際、小川アナは過剰な反応を見せた。TBSは「小川さんご本人は『女性セブンの記事には、事実誤認があります』と話しています」とコメントを発表。テレビ局がフリーアナウンサーの夫婦問題について、代わってコメントを出すことは「極めて異例」と騒がれたが、そのくらい小川アナは、「10億円」という数字に過敏になったわけだ。




twitterより






おすすめの記事