校則で下着・肌着の色柄規定、東京23区の区立中で4割超。一斉検査で教師「下着は白にしろ」

校則で下着や肌着の色・柄を規定している区立中学校が、東京23区の全367校中158校に上ることが、ハフポスト日本版の6月時点の調査で分かった。

「下着は白以外のものはいけません」

「必ず白か肌色で無地の下着を着ること。※1度目は注意、2度目からは家に帰って着替えてくるよう指導を受ける場合もある」

校則で下着や肌着の色・柄を規定している区立中学校が、東京23区の全367校中158校(43%)に上ることが、ハフポスト日本版の6月時点の調査で分かった。

下着の色を指定する校則や、教員が生徒の下着・肌着をチェックするなどの不適切な指導が全国的に報告されている。

ハフポスト日本版のアンケートにも、「下着や肌着を確認される」との訴えが複数寄せられ、指導者である教員からも疑問視する声が届いた。




twitterより






おすすめの記事