【野球6/22】ヤクルト田口をバックネット裏の少年が不思議な踊りで妨害

先発した広島の大瀬良大地投手(30)は、6回を投げて6安打6失点(自責点3)で降板。5試合ぶりの白星を目指したマウンドだったが、自身のミスが絡んだ序盤の失点が重く響いてしまった。




twitterより






おすすめの記事