【胸糞】猫を空気銃で射殺した40代男を逮捕

空気銃で猫を撃って死なせたとして、千葉県警が22日、千葉市内の40代の男を動物愛護法違反(愛護動物の殺傷)と銃刀法違反の疑いで逮捕したことが、捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、男は昨年12月中旬、同県八千代市内で、空気銃で鉛の弾を野良猫に向けて発射し、殺した疑いが持たれている。死骸の胸から見つかった弾は直径約5・5ミリで、殺傷能力が高かった。

 同じ現場では昨年11月にも、別の野良猫が撃たれて重傷を負った。隣接する千葉市や習志野市で2019年以降、猫が撃たれ、死傷する事案が相次いだ。

 男は県公安委員会から許可を得て、猟などの目的で空気銃を所持していた。今年1月頃に男の免許が失効した後、猫の殺傷事案は確認されていないという。

 警察庁によると、動物愛護法違反の検挙数は昨年、全国で102件に上った。動物虐待への関心の高まりを受け、19年に改正動物愛護法が施行され、殺傷に対する罰則が「5年以下の懲役または500万円以下の罰金」に引き上げられた。




みんなの感想






おすすめの記事