松永さん「写真を提出した。どんなだったか答えて」→飯塚幸三「クリスマスや遊園地の写真」

東京・池袋の都道で19年に乗用車が暴走し、松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃんが死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪で在宅起訴された、旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(89)の第8回公判が21日、東京地裁で開かれた。

松永さんは、証拠として妻子の生前の写真を提出したので見たか、見たなら具体的に答えるよう問いかけた。それにに対し、飯塚被告は「家族でご一緒の、楽しそうな写真。クリスマスと遊園地の(写真)莉子さんがお菓子を片手に手を上げていた」などと答えたが、松永さんは会見で「クリスマスや遊園地の写真なんて入れていない」と、飯塚被告の回答がでたらめだったことを明らかにした




twitterより






おすすめの記事