【養子を虐待死】福岡県飯塚市 41歳男を逮捕!

 福岡県飯塚市の団地で2月、男児(当時9歳)の遺体が見つかった事件で福岡、鹿児島両県警は18日、父親の無職田中涼二被告(41)を傷害致死と死体遺棄容疑で再逮捕した。

発表によると、田中被告は1月上旬以降に多数回、団地内の自宅などで、養子で当時小学3年の大翔ひろと君の頭や太ももを殴ったり、蹴ったりするなどし、2月16日に外傷性ショックで死亡させ、遺体を放置した疑い。

 遺体は同25日に自宅で見つかり、ほぼ全身にあざがあった。司法解剖で死因は病死とされたが、県警が複数の医師に鑑定を依頼し、暴行と死亡との因果関係が判明したという。

 田中被告は翌26日、鹿児島市のホテルで長男蓮翔れんとちゃん(当時3歳)と長女姫奈ひなちゃん(同2歳)の2人を首を絞めるなどして殺害したとして逮捕され、殺人罪で起訴された。「死なせてしまったと思い、逮捕されて(実子の)2人と離れるのが嫌で無理心中しようと思った」と供述したという。昨年12月に離婚し、前妻の子の大翔君と実子2人の計4人で生活していた。




twitterより

 






おすすめの記事