【競馬】園田競馬7Rで新人騎手・大山龍が周回誤認! 

6月17日の園田競馬7R(ダート1870メートル)で、今年4月にデビューした大山龍太郎騎手が周回数を誤認し、8R以降に予定されていた4レースの騎乗が取りやめとなった。

 9頭立ての同レースで大山龍は5番人気のヨハネスボーイに騎乗。2コーナー奥からスタートして1周1051メートルのコースをほぼ2周するはずだったが、1周のみの820メートル戦と同じ地点からのスタートだったためか、先頭に立った1周目の4コーナーでゴールが近づいたと勘違いし、激しくムチを入れた。そのまま先頭で1周目のゴール板前を通過してスピードダウン。2周目の向こう正面あたりで後続の全頭に抜かれてヨハネスボーイを促したが、いったん全力で走った同馬に追走の余力は残っておらず、8着から大差での最下位に終わった。

 大山は4月13日にデビュー。16日まで158戦に騎乗してすでに19勝を挙げるなど活躍していた。




twitterより

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事