【悲報】芸能事務所、紛失防止タグがヤバすぎる為プレゼント受取拒否

差し入れの受け入れ停止を発表したのは、VTuber専門プロダクションの「LiverCity」だ。事務所に送られてくるファンの差し入れから、 所属するライバーのプライバシーが漏洩する可能性があると判断したことが理由だという。

ABEMAヒルズ』の取材にLiverCityの山本浩成社長は次のように話す。

「個人的に紛失防止タグを買ったんですけど、めちゃくちゃ精度がよくて便利で。
でもちょっと待って『うちのライバーの特定に使えてしまわない?』ということで、社員を使って家に持って帰ってもらった。
いろんなアラームが出るので、途中で気づいたら教えてほしいと。
結局、自宅についた時スマホに『自分のものではないタグが入っています』という警告が出てやっと気づいたんだけど、
その時点で僕の方では家がわかっていた。僕のスマホでタグを検索すると社員の家が出ているわけですね」

鍵や財布、カバンなど、大切なアイテムにつけておけば万が一の時に役立つ紛失防止タグ。しかし、これを差し入れに忍び込ませる人がいた場合、
家に持ち帰ったライバーの住所などが特定される恐れがあることに気づいた山本社長。実験は5人に行ったという。

「途中でタグ本体のアラームが鳴ったことに気付いたという人がいて、その場合は経路で発覚したというのは1件ありましたけど、
あとはみんな気づかなかったです。一応『僕がどこに隠すかは内緒。でも隠すから』と言って持って帰ってもらったんですけど」




みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事