【闇】東京・六本木6丁目のタワーマンションで闇カジノ摘発!

東京・六本木のタワーマンションの一室で賭博店を開いたとして警視庁は14日深夜、賭博開帳図利などの疑いで店長ら店の関係者で40~50代の男6人を現行犯逮捕した。

 店側で逮捕されたのは、店長で住居不詳の山口隆士容疑者(52)ら6人。逮捕容疑は14日夜、共謀して東京都港区六本木6丁目の高級分譲マンションの一室で、複数の客に現金をかける賭博をさせたというもの。同庁は家宅捜索ポーカーの台を押収した。

この部屋は約80平方メートルの2LDKで、不動産業者のサイトなどによると、売買価格は2億円前後。看板などはなく、同庁は摘発を逃れるためにセキュリティーの高いタワマンで開業し、口コミで集客していたとみている。

賭博店は雑居ビルで開業するケースが大半で、マンションの一室での摘発は珍しいという




みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事