出典:toyokeizai.net

「口は禍の元」を体現する川勝知事
公の場に出るたびに失言を連発し、各方面を怒らせている。
政府に対しては厳しい言葉を並べる一方で、自分に甘い一面があるのも特徴。
少し政治に詳しい人なら、彼の名前を見ると失笑を浮かべるレベルだ。

コロナ禍で県民に自粛要請を出しながら、自身は軽井沢へ”帰省”

静岡県の川勝平太知事が年末年始、自宅のある長野・軽井沢に滞在していたことが4日、分かった。自身が同日、県庁での年頭記者会見で明らかにした。
引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)

記者から年末年始をどう過ごしたかを問われて、答えた。川勝知事によると、軽井沢に滞在したのは昨年12月26日~今年1月3日。12月26日午前に年内最後の公務を終え、夫人と2人で車で向かった。戻る際も車だったという。

川勝知事は「ここ(静岡県内)にいると、少人数とはいえ会食などのお誘いがあり、それを避けるため。(軽井沢の自宅には)高齢者はおらず、家内と2人だけで静かに過ごしていた」と釈明した。また今月14日には静岡、長野、山梨、新潟の各県知事らが新潟県内で会談する予定があるといい、川勝知事は「東京都などとは少し(感染状況が)違う。密のある地域から静岡県に入ってもらうのは避けてもらわなければならない。県が示している行動様式にのっとった行動だ」としている。
引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)

静岡県は昨年12月以降、「不要不急の帰省は我慢して控えてください。やむを得ず帰省する場合は帰省の2週間前から大人数や長時間での飲食はやめ、守れなかった場合には帰省しないでください」と強く要請していた。
引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)

出展:Youtube

帰省答弁をめぐり川勝知事が議員全員の前で謝罪(静岡県)

年末年始の帰省などについて県議会で追及された川勝知事が自ら答えなかった問題です。3月4日は、議員全員の前で議長が注意し、知事も謝罪しました。 <山田誠 …

帰省についての答弁を副知事に投げ、最終的には謝罪に追い込まれた川勝知事。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

「菅総理の教養レベルが露見した」と”学歴差別”発言

出典:look.satv.co.jp

川勝知事の人間レベルが露見してしまった事件
こういうことは思ってても言わないのが普通なのだが…

日本学術会議の新会員候補6人の任命拒否問題を巡って「菅義偉首相の教養レベルが図らずも露見した」などとした自身の発言について、川勝平太静岡県知事は(2020年10月)16日、「学歴差別のように取られたのは本当に残念。申し訳なく思う」と述べ、発言を撤回して陳謝した。県議会最大会派の自民改革会議から抗議文を受け取った後、報道陣に語った。
引用元:www.at-s.com(引用元へはこちらから)

知事は7日の定例記者会見で「菅首相の教養レベルが図らずも露見した。学問をされた人ではない。単位を取るために大学を出た」などと発言した。12日も報道陣に「訂正する必要は全くない」と強調し「(菅首相の)経歴を見ると、学問を本当に大切にしてきたという形跡が見られない」と述べた。
引用元:www.at-s.com(引用元へはこちらから)

自民党県議を「ゴロツキ」と罵倒して謝罪に追い込まれる

出典:www.youtube.com

「ゴロツキ」という暴言を吐き、謝罪
どんな思考回路で生きていたら他人をゴロツキ呼ばわりできるのかは知らないが、
それにしてもこの人は謝罪会見が多過ぎる。
背景の富士山が泣いているよ。

静岡県議らとの面談の場で川勝平太知事が「やくざ」「ごろつき」などと暴言を吐いた問題で、川勝知事は(2019年12月)25日に県庁で釈明会見を開き、暴言を発したことを認め「怒りにまかせて極めて不適切なことを言ったことを、衷心よりおわびします。誠に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。その上で、県議らから説明や謝罪を求められれば「どのようにも対応する」と応じる意向を示した。ただ、発言の撤回はしないという。

このやりとりは19日に行われた県議会各会派からの予算要望の中で、県が計画する「文化力の拠点」構想をめぐって交わされた。川勝知事は構想に反対する県議らについて触れた中で「やくざもいる。ごろつきがいる」などと発言していた。
引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)

とても自治体のトップとは思えない言動を繰り返す川勝知事。
しかし政治手腕が確かならその部分はある程度目をつぶれるだろう。

実際のところ、川勝知事の政治家としての能力はどう評価されているのか?
まずは国や自治体で推し進められている「女性活躍」の観点から見ていこう。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク




▼進まぬ”女性活躍”、背景には川勝知事の偏見も

出典:toyokeizai.net

”停滞気味”の女性管理職登用
静岡県庁内の女性管理職が目標に達することができず、
女性県議らに苦言を呈される始末。
その背景には、女性の管理職登用に消極的な知事の方針があったようだ。

川勝知事が当選した2009年度の県職員の女性管理職比率は6・1%。21年度は12・8%へと増えたが、県が目標としていた15%には及ばなかった。しかも部長級は0~2人で推移した。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

川勝知事は「時間が解決する」と楽観視、積極登用については否定的

今年3月17日の人事に関する会見で川勝知事は「入庁してくる職員の女性の割合が上がってきている。時間が解決する」と述べた。一方、一定の割合を女性に割り当てる「クオータ制」や積極的に格差を解消する「アファーマティブ・アクション」については「無理な抜擢(ばってき)をすると従来の組織にあつれきが生じかねない」と否定的だった。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

前知事の石川嘉延氏は、2代にわたり女性副知事を登用していた

前任の石川嘉延知事は、厚生労働省から出向してきた女性を2代にわたって、副知事に据えた。だが、川勝知事は副知事を3人に増やした時期にも、女性の登用はゼロ。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

「女性職員の得意分野は健康福祉」という先入観で女性副知事の登用を拒否

12年に県議会で早川育子県議(公明)から「女性副知事の検討を」と迫られた際、川勝知事は「女性職員の得意分野は健康福祉。その部局長として徐々に実力をつけて、初めて全体統括する副知事になれる」と答弁した。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

県議「県庁内に優秀な女性はたくさんいる。知事はもっと努力してほしい」

早川県議は「県庁内に優秀な女性はたくさんいると認識している。知事は(女性管理職比率の)目標に沿うように、もっと努力してほしい」と残念がる。

新型コロナウイルスの影響で女性の自殺が急増していることなどを受け、県は今年2月、全庁を挙げて女性を応援するキャンペーンを始めた。鈴木節子県議(共産)は「女性を応援します、と宣言する部長級が全員男性。異様ですよ。もっと女性の目線に立った施策が必要なのに」。

NPO法人男女共同参画フォーラムしずおかの理事で元常葉大教授の居城舜子さんは「静岡は民間の女性管理職も少ない。県や市が率先して女性を管理職に引き上げ、風土を変えないと」と指摘する。川勝人事について「女性を副知事に置くより、中央省庁からの出向を拒否する方が優先順位が高い。それはそれで一つの見識」としながらも、「男性の価値観で人事考課がなされると、女性は低く見積もられがち。自然増を待つのではなく、アファーマティブ・アクションを採用するべきだ」と話した。
引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)






おすすめの記事