記事によると

この取り組みに参画する東京慈恵会医科大学の外科講座統括責任者・大木隆生教授は、「医療従事者として、痛切な反省の上に立って国益に資する事業に協力したいという風な思いに至った」と話した。

大木氏は「この大規模ワクチン接種に協力させていただくわけですが、これに関して慈恵大学執行部の理解が得られているわけではない。今日ここで私がお話することは慈恵の総意、意見ではなく、外科の統括責任者としての意見である」と冒頭で説明。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

みんなの感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事