⇒4月の訪米時、菅総理自身がファイザー社CEOに直談判してワクチンを確保

4月17日朝、米ワシントンの大統領賓客施設「ブレアハウス」。壁一面の窓から朝日が差し込む会議室に、首相の菅義偉の声が響いた。スピーカーフォン越しに語りかけた相手は、新型コロナウイルスワクチンの開発でリードする米製薬大手ファイザーの最高経営責任者(CEO)、アルバート・ブーラだった。

日本政府からの会談の打診に、ブーラ側は当初消極的だった。だが、菅側が「電話でも」とこだわった。菅には注目度が高い初訪米で「リーダーシップを示す」(周辺)思惑もあった。
「引き続きよろしくお願いします」。菅の言葉にブーラは「最大限努力します」と応じた。日本政府は既に、同社と1億4400万回分(7200万人分)の契約を結んでいたが、この会談で追加の5000万回分の供給が正式に固まった。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

出典:sirabee.com

迅速なワクチン確保のため菅総理自ら指揮を執り、
結果5000万回分のワクチンの追加供給へ繋がった。

「日本はまだ欧米より感染者は少ないかもしれない。だが、日本のトップ(首相)は『この後、大変なことになるかもしれない』と大きな危機感を持っている」

「本当に日本の首相がそう言っているのか」。ブーラは何度も念押しした上で、こう言った。「日本はとても大きな市場だ。努力しよう」。その後、厚労相の田村憲久もブーラと電話で交渉し、早期供給を求めた。
交渉を引き継いだ河野太郎は、ファイザー担当者と携帯電話で直接やりとりした。担当者の気を引こうと、3月下旬、東京周辺の桜の写真を撮って送るなど、関係を深める努力も重ねた。結果、前倒しや5000万回分の追加供給にもつながった。
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

⇒その後、政府の尽力によりスムーズなワクチン接種の環境が急ピッチで整備される

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

出典:www.kyoto-np.co.jp

大規模接種センターも前倒しで本格運用が進んでいる

自衛隊が東京と大阪で運営する高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン大規模接種センターは31日、開設から1週間となり本格運用に入る。1日当たりの接種人数は上限とする東京会場1万人、大阪会場5千人に引き上げる。大阪会場の予約は大阪府に加え、京都府と兵庫県からも可能となり、東京会場と合わせ7都府県全域から予約できるようになる。東京会場では前倒しで予約を受け付けた埼玉、千葉、神奈川3県の住民への接種が始まる。
引用元:www.kyoto-np.co.jp(引用元へはこちらから)

河野担当相の呼びかけにより国家公務員の「ワクチン休暇」取得が可能に

新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、企業の間で、いわゆる「ワクチン休暇」の制度が広がる中、国家公務員にも休暇を取得できる仕組みが導入されました。
新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるため、人事院は、国家公務員が接種を受ける場合や接種で副反応が出た場合などに、休暇を取得できる仕組みを導入しました。
人間ドックを受ける際などに取得できる休暇の仕組みをワクチンの接種でも特例的に認め、通常の有給休暇と同様に、給与が支払われるということです。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

河野規制改革担当大臣は、閣議のあとの記者会見で「臨時の措置で、『ワクチン休暇』というよりは、職務専念義務の免除ということになっているが、『仕事をしなくてもよい』という意味では、同じ効果がある。各府省では、こうした制度を活用し、職員に接種を勧奨してもらいたい」と述べました。
引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

⇒ワクチン接種に向けた政府の迅速な動きに、国民からも期待と感謝の声が上がる

現在ファイザー製ワクチンの接種対象年齢について16歳以上となっているが、12歳以上に改訂へ!

ワクチン接種の対象年齢について、現在、日本では自治体の公的接種で使われているファイザー製が16歳以上、モデルナとアストラゼネカ製が18歳以上となっている。

そんな中、ファイザー製のワクチンについて、28日午後、厚生労働省で審議が行われて、12歳以上の接種が認められる見通し。

厚労省は、午後の専門部会で、ファイザー製ワクチンの対象年齢を引き下げ、12歳以上とする添付文書の改訂について議論するが、田村厚労相は、閣議後の記者会見で、早ければ、5月31日に改訂を行う方針を示した。
引用元:www.fnn.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

【お呼びでない】そんな中、なんとか自分の存在感を示したい立憲民主党・枝野代表があらぬ方向から口を挟んできた……

出典:matomame.jp

枝野 幸男(えだの ゆきお)
政治家、弁護士(登録番号:22259、司法修習43期、第二東京弁護士会)。
立憲民主党所属の衆議院議員(9期)、立憲民主党代表(初代)。






おすすめの記事