ひるおび ワクチン接種でコロナ特需減少を危惧、大手町駅を迷宮と紹介して老人の不安を煽る

政府が東京と大阪に設置した新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターで24日から接種が始まりました。

政府の大規模接種センターは東京・大手町と大阪市北区に設置され、いずれも午前8時すぎにワクチンの接種が始まりました。

センターでは、先週、承認されたばかりのアメリカのモデルナのワクチンが使われます。

東京の会場では24日から今月30日までは東京23区に住む高齢者が接種の対象になっていて、訪れた人は、本人確認などの受け付けを済ませ、医師の資格を持つ自衛隊員の問診を受けたあと、接種を受けるためのブースに入りました。

そして、名前や、体調に問題がないことを看護師に伝え、接種を受けていました。

twitterより






おすすめの記事