●(新)司法試験
□論文式試験
① 選択科目(3時間)
(専門的な法律の分野に関する科目として法務省令で定める科目のうち受験者のあらかじめ選択する1科目)
② 公法系科目(2時間×2)
③ 民事系科目(2時間×3)
④ 刑事系科目(2時間×2)
□短答式試験
① 民事系科目(2時間30分)
② 公法系科目(1時間30分)
③ 刑事系科目(1時間30分)




合格基準

短答式試験は、民法75点、憲法50点、刑法50点の合計175点満点です。 1科目でも40%未満の点数を取ってしまうと、合計点で合格点をクリアできても不合格となります。 最低ラインは、民法30点、憲法20点、刑法20点です。 短答が不合格の場合、論文式試験の答案の採点は行われません。
引用元:studying.jp(引用元へはこちらから)

解答速報

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

受験生の感想

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク






おすすめの記事