【ユーチューブ】がーどまん 自宅に花火100本打ち込まれる

ドッキリ系ユーチューバーでラッパーのがーどまんが13日、自身の公式チャンネル、ツイッターなどを更新。深夜、自宅前で大量のロケット花火を打ち上げられる悪質な“いたずら”で、死の恐怖を感じたと訴えた。

犯人”は深夜、がーどまんの自宅を訪れ、大量の打ち上げ花火、ロケット花火をセット。点火するや2メートル超の火柱が上がり、面白がっている。この模様を短編動画アプリ「TikTok」に投稿した。ドッキリ系ユーチューバーに“ドッキリ”を仕掛けて、してやったりなのだろう。

 がーどまんは「玄関に花火が100本くらいあった。ガス管が横にあるし、もしかしたら死んでたかも。度が過ぎてる。あれから寝られへんようなったし、怖い。精神的にしんどい。なんでこういうことすんのかな。僕らはあくまでエンターテインメントで、ユーチューバーの間でドッキリをやってるけど、これは火事になってた可能性がある」と恐怖を語った。

 実は関西にあるがーどまん宅は、ファンにバレており“観光名所”となったこともある。だが、今回の件は一歩間違えればガス爆発、火事につながっていたかもしれない。がーどまんはもちろん、近所の住民も巻き添えを食う危険性があった。




みんなの感想






おすすめの記事