【山口コロナ】新たに49人感染 GWに親族の集まりに貸し切りバスで参加した20人がクラスター

 山口県で、新たに49人の新型コロナウイルス感染が確認された。防府市10人、下関市8人、岩国市7人、柳井市6人、山口市4人、愛媛県3人、下松市と宇部市が各2人、周南市と長門市、和木町、広島、福岡、群馬の3県、北海道が各1人。

 同施設では11人が感染。公表済みと合わせて一連の感染者は12人となった。柳井市と平生町、田布施町の計14人は3日に広島であった親族の集まりに貸し切りバスで参加。公表済みと参加者の家族を合わせて20人が感染し、県内36件目のクラスターとなった。

 県内の医療機関に入院していた90代女性が9日に亡くなり、県内の死者は49人目。変異株は107人を確認し、計374人となった。




Twitterより






おすすめの記事