【炎上】中日・京田陽太、デッドボール直後に裏方の人に防具を投げつける 態度が悪いと批判殺到

5日に行われた中日対DeNAの一戦。「4-0」でDeNAが勝利したこの試合で中日・京田陽太が見せた行動がネット上のプロ野球ファンの間で物議を醸している。
問題となっているのは「0-4」と中日4点ビハインドで迎えた8回裏に起きた行動。この回中日はDeNA3番手・山崎康晃から阿部寿樹、福田永将がヒットを放ち2死二、三塁とチャンスを作る。さらに、ここで打席に入った京田が山崎から死球を受け、2死満塁と一発出れば同点の状況となった。
ところが、京田は死球を受けた直後、持っていたバットを地面にたたき付け激高しながら一塁へ。さらに、死球を受けた箇所の状態を確認しに寄ってきたトレーナーや、防具を回収するため近づいてきたボールボーイの足元に向け、着用していたバッティンググローブやレガースを投げ捨てた。




twitterより






おすすめの記事