北アルプス 槍ヶ岳・飛騨乗越で3人が遭難し、うち1人が滑落死 現在も2人を捜索中

北アルプスの槍ヶ岳で男性3人のパーティが、登山道などで倒れているところを発見されました。3人とも心肺停止状態ということです。

3日午後2時半ころ、「槍ヶ岳近くで仲間の1人が滑落した」と警察に通報がありました。その後、連絡が取れなくなり、3日午後7時前、山岳救助隊員が山頂直下の山小屋から南へ500メートルほどの登山道で倒れている岐阜県の20代の男性を救助しました。当時は意識はありましたが、4日朝、県警のヘリで運んだ時は心肺停止状態だったということです。
残る30代と40代の男性も4日朝、1人が登山道で、もう1人が登山道の下で倒れているのが見つかり、いずれも心肺停止状態ということです。1人が滑落した後、残る2人も救助を要請した後で動けなくなった可能性があると見られています。

twitterより






おすすめの記事