プロボクサーのフェリックス・ベルデホ、愛人から妊娠を告げられ殺害

ボクシング2012年ロンドン五輪に出場し次世代のスター候補とも目されたフェリックス・ベルデホ(27)=プエルトリコ=が殺人容疑で逮捕されたことが明らかになった。

 27歳の知人女性は4月30日から連絡が取れなくなり、5月1日に遺体が発見された。女性は妊娠しており、父親がベルデホであることを伝えるため4月29日の夜に2人が会っていたことが確認されているという。当局によると、ベルデホは女性を殴打し、何らかの薬物を注入した上で殺害。共犯者とともに遺体にブロックなどを結びつけて橋から投げ捨てた容疑がかかっている。ベルデホには胎児の殺害容疑などもかかっているという。

 ベルデホは2012年ロンドン五輪ライト級ベスト8となり、同年12月にプロデビュー。トップランク社と契約し、「エルディアマンテ」と称されるなどプエルトリコの次代を担うスターとして期待を集めた。

 しかし現在まで世界挑戦の機会はなく、昨年12月には米国ラスベガスで中谷正義(帝拳)とのWBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦で、前半に2度のダウンを奪いながら9回逆転KO負けした。ベルデホに勝利した中谷は評価を上げ、6月26日にラスベガスで元世界3階級王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と対戦することが決まっている。




twitterより






おすすめの記事