コロナ対策の臨時交付金2500万円を使って石川県の町が用意したものがイカれてる

新型コロナウイルスに対応するため国が地方に配るお金「地方創生臨時交付金」。 その総額は4兆5,000億円。お金の使い方はそれぞれの自治体が決めることができ、感染対策費用や商店街のプレミアム商品券それに2020年、県が実施した休業要請の協力金にもあてられた。

・石川県能登町の「道の駅」ならぬ「イカの駅」の横に設置された巨大なイカのモニュメント。幅9メートル高さ4メートル、長さ13メートルの巨大スルメイカだ。

・この巨大イカモニュメント、町の特産品であるスルメイカをPRしようと町が設置したもので、総工費は2,700万円。

・モニュメントを見た人「それで人が来るからいい」「コロナのためになんでイカを置くのか。ずっと続くならいいけど、一時的なものやったら国の財産がイカがなものかと思う」

・イカも扱う地元の鮮魚店の店主「これはこれで1つのうりだから。せっかくできたイカの駅のうりだから…」

・能登町の担当者「国から地域の魅力上げ事業として交付金を設定する方針があったので、インパクトのあるものを作って産業振興の起爆剤にできないかと思った」




twitterより






おすすめの記事