【東京コロナ】葛飾区の老人ホーム「サニーライフ東京」でクラスター

新型コロナウイルスのクラスターが発生していた東京 葛飾区の有料老人ホームで、新たに98人の感染が確認され、感染した人は合わせて168人になりました。
東京 葛飾区の有料老人ホーム「サニーライフ東京」では、これまで入所者と職員の合わせて70人が、新型コロナウイルスに感染したことが明らかになっていました。
葛飾区によると、施設で入所者と職員全員の検査を進めたところ、新たに98人の感染が分かり、これまでに感染が確認された人は合わせて168人になりました。
このうち施設の入所者は139人で、入所者全体の8割に感染が広がったことになり、27日までに38人が入院したということです。
葛飾区は「区が立ち入ったときには、すでに感染が一定程度広がっている状況だった。改めて区内の介護施設などに感染防止対策などを周知していきたい」と話しています。
区では引き続き、都の支援チームとともに施設への指導や支援を続けることにしています。




Twitterでは






おすすめの記事