【中田翔】ベンチ裏で転倒し右目付近強打  栗山監督「けがしてどうすんだ!!」

日本ハムの栗山英樹監督(59)が7日のソフトバンク戦で途中交代した中田について、試合中にベンチ裏で転倒し右目付近を強打していたと8日、明かした。

 前日は5回のチャンスで空振り三振後、6回守備から途中交代。ベンチでバットをたたき折る姿もあったが、その直後にベンチ裏でつまずき右目を強く打ったという。8日の試合前練習に現れた中田の右目は腫れ上がっており、打撃練習には参加したが軽打にとどめた。

 栗山監督は、珍しく語気を強めた。主砲はこの日の試合の出場は様子を見る予定。「けがしてどうすんだ。試合中に野球外のところでつまずいたりするのは、なしでしょ。いなくなるのは、困るだろ。責任を果たしてないだろ。打てないのはしょうがないじゃない。一生懸命やっているんだから。でもそれはだめだろ」と言葉を並べた。




Twitterの声!!

Twitterの声!!






おすすめの記事