飼い犬のビーグルと散歩中に耳をかまれ男性が意識不明

4日午前、薩摩川内市で飼い犬と散歩していた男性が、飼い犬に耳などをかまれ意識不明の重体となっています。 警察などによりますと、4日、午前8時ごろ薩摩川内市百次町の農道で、通行人から「男性が犬にかまれて出血している」と119番通報がありました。

救急車が駆けつけると近くの無職、鬼塚正市さん(54)が右腕と左耳から出血し倒れていて病院に運ばれましたが、意識不明の重体となっています。

鬼塚さんが連れていた犬は体の高さがおよそ50センチのビーグルの雑種犬とみられ、警察や消防が駆けつけた際はリードが外れて現場にはいなかったということですが、その後、鬼塚さんの妻が捕まえ家につれて行ったということです。

鬼塚さんは犬との散歩が日課で、倒れていた場所は自宅から400メートルほど離れていました。

警察によりますと、鬼塚さんは去年も、散歩中に同じ犬に肘をかまれ治療したということです。

2021年4月4日 日曜 午後2:40




Twitterの声パート1

Twitterの声パート2






おすすめの記事