港区西新橋ビルの地下駐車場で二酸化炭素を誤って噴霧 2人死亡1人重体

23日午前11時ごろ、港区西新橋にあるビルの地下駐車場で消火設備を点検していた作業員から「点検中に二酸化炭素を噴霧してしまった」と通報がありました。

この事故で、作業員の男性3人が病院に搬送されたが、2人が死亡し、1人が意識不明の重体との事です。

 

東京・港区のビルの地下駐車場で消火設備の点検作業中に二酸化炭素が充満し、作業員3人が病院に搬送されたが、このうち2人が死亡、1人が意識不明の重体。

23日午前11時ごろ、港区西新橋にあるビルの地下駐車場で消火設備を点検していた作業員から「点検中に二酸化炭素を噴霧してしまった」と110番通報があった。

この事故で、作業員の男性3人が病院に搬送されたが、2人が死亡し、1人が意識不明の重体だという。

当時、6人で作業をしていて、ほかの3人は自力で避難したという。

点検中の作業員が誤って消火設備を作動させてしまったとみられ、警視庁はくわしい状況を調べている。

引用:フジテレビ系(FNN)

 

 




現場

現場は港区西新橋にあるビルの地下駐車場との事です。

 

みんなの反応

 

●この間も名古屋であったな
火災に効果はあるのだろうが、人間に対する危険性もあるのではないのか?
ある程度大丈夫な前提でこうやって広まった設備なのだろうが、こう立て続けに起こると素人からは危険なのではと思えてしまう。

 

●製造業の現場で本来は自分でしなければならない作業や準備を
雇用立場の低い人たちについてさせる企業がありますが
コロナの不況で非正規や請負を解雇した途端
現場が回らなくなって労働災害が増えたトコが多いと聴きます
今回の事故もそれに似た事情があったりするのでしょうか

 

●この消化方法って、確かに極めて確実に消せる方法なのかもしれないけど、危険だよね。前も同じことあったし。
でも、一度作ったビルに組み込まれてる防災消火設備って、取り替えるのにめっちゃ費用と時間がかかるんだよねぇ…。

 

●つい先日も名古屋市内のホテル駐車場で同様の事故があって死者も出たばかりだと思う・・・今後は点検の際には消防が使うフルカバータイプの空気ボンベを背負うなど対策した方が良いですね。

 

 

 






おすすめの記事